スポンサードリンク

2017年10月29日

新人行政書士がこれだけを忠実に実践すれば・・・


新人行政書士先生、稼げていますか?
ベテラン先生、稼げていますか?


もし、稼げていないとしたら、これだけを忠実に実践すれば十分です。


特に以下のような先生にオススメします。

・とにかく1件でも仕事を取りたい人
・貧乏ザムライで終わりたくない人
・行政書士の仕事が好きで何としても続けたい人
・新人でお金も人脈もなく、どこから手をつけていいのかわからない人
・売上が伸び悩んで事務所経営が困難になってきている人
・稼げない行政書士に絶望して転職しようかと迷っている人
・転職しようにも仕事に就けない人
・実践的なマーケティングを学びたい人
・行政書士のほかに他のビジネスもしたい人
・ネットビジネスを始めようとしている人


行政書士をはじめ士業者は、相続、会社設立、内容証明など、
すでに飽和状態にある分野の業務を選びがちです。


また誰も手がけていないニッチな分野で攻めるという発想自体がありません。

これではライバルだらけの中で競争することになり、
人脈や資金のない行政書士は太刀打ちできないのも当たり前です。(討ち死にしますぜ)



士業者はマーケティングや営業を学んでいない人も多く、
苦手意識や拒否感すら持っています。
そうです、業界全体に営業なんて、というような雰囲気が未だにありますよね。


それに、いいアイデアを思いついたとしても
具体的にどうしたらいいのか方法がわからないし、実行もできません。


士業といえどもビジネスですので、このような意識のままでは、
仕事が取れないのも無理はありません。



★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


サムライ・サクセス・プログラム(SSP)は、
この 『いかにして仕事を取るか』という新人行政書士が最も知りたいことを、
具体的な事例を上げて丁寧に教えてくれます。


ニッチな分野とキーワードの選定、ホームページ作成上の注意点、
大切な顧客リストとなるメールアドレスの取得とメルマガの発行方法、
集客後のお客様とのリアルな対応など、 目からウロコの情報が盛りだくさんです。


特にどのサイトやソフトを利用すればよいか、さらに利用の手順まで
示してくれているので、そのとおりにやればいいだけです。
あちこち調べる必要もありません。


また SSPでは、行政書士坂庭先生が行政書士が犯しがちな誤りを、
自分の失敗談を混じえて説明してくれています。



「安易な値下げはするな」とか、値上げのタイミングとか、広告の打ち方とか、
お客様の心理を突いた説明には説得力があります。

これらのことを早い段階で知っておけば、大きな損失を被らないですむはずです。



もし、あなたが集客や営業も行き当たりばったりだったり、
ホームページも業者のつくったものを考えなしに更新するだけなら、
当然、高いお金を取られるだけで目に見える効果は全くありません。


しかし、SSPで学べば、自分で効果のあるホームページが簡単に作成できる
ようになり、経費も大幅に削減できます。


またSEOでアクセスを集めるだけではだめだということもわかり、
良質なアクセスの集め方も学べます。


さらに、ネット集客の方法だけでなく、お客様とのリアルな対応も
実体験から教えてくれるのもSSPのメリットのひとつです。
SSPで教わったとおりに対応すれば、せっかく集客から仕事を逃すことも
なくなります。


以上のように、SSPでは行政書士が稼ぐための、ネットとリアル両方のノウハウが満載です。
ですから稼げない行政書士は余計なことを考えず、 迷わず、
これだけを忠実に実践すれば十分です。


SSPで学んだことは、行政書士の業務に活かせるだけでなく、
ネットビジネス全般に活かせます。 


ネットビジネスには可能性がありますし、アイデアひとつで大きく稼げます。
また、人脈や資本のない人でもやれるのがネットビジネスです。


今、行政書士をしていてあれこれ迷っている人にSSPはそんな意味でもオススメです。



★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


もし今のあなたが思うように稼げていないとしても、何の心配もいりません。
まして、恥ずかしく思う必要など、全くありません。

あなたがプログラムに参加し、数々の特典を観て、聴いて、ノウハウを
実践すれば、 坂庭先生の言っている意味が分かるでしょう。


半年後、1年後に「稼げなかったあの頃」を笑い話にしませんか。
心からあなたの成功を願っています。






posted by 一発合格者 at 13:54| Comment(0) | 稼ぐノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク